closeup

ミラーレス NEX-5N

SONY デジタル一眼カメラ α NEX-5Nを買ったのが去年のゴールデンウィークの最終日。
GWの大売出し期間中に売り切れなかった分を交渉して安く手に入れてやろうと頑張った思い出があります。

すっかりこのカメラの虜になってしまって、至るシーンでバッシャバッシャ撮りまくってるわけです。写りはキレイだしシャッターは早いし。
ただ一点、標準のレンズキットだとどうしても接写で寄れる距離が遠くて、料理の写真をとったり作品展の写真を撮る時にはiPhoneのカメラを使ったほうが臨場感が出せるという悲しいことになっていました。ボクの技術不足なんですが。
そこでもう専用のマクロレンズを買おうか悩んでいたのです。

そんな時に見つけたのが、レンズの先に取り付けるだけで接写の距離を稼ぐことのできるというアタッチメント。
マクロレンズは2万円くらいするけど、このACクローズアップレンズ NO.5だと2000円以内で収まるというリーズナブルさ。
交換レンズを持っているという「カメラやってます!」感は減るけど、これくらいの価格帯だったら扱いも気が楽だし荷物も軽くできるかな?ということで買ってしまいました!

どっしり重量感のある小さなパーツ

closeup2

プラスチックじゃない、これはガラス

もうすこし軽いものだと思っていました。
取り付けたら確実に重心が前に変わることがわかるレベル。同梱の標準ズームレンズほどではないけれど、だいぶ持っていかれそうになりますね。
これくらいの重量は高級っぽい感じがして好き好き

寄れる距離は数字が上がるほど増える

今回買ったのがNo.5という数字のレンズで、ラインナップは1〜10くらいまで揃っているみたい。数字が増えれば増えるほど被写体に寄って撮れるようになる一方、レンズ自体の長さや重さも増していく。「2」のレンズは「1」のレンズ2個分という計算式なんだとか。

またクローズアップレンズは連結して付けられるので、まだ寄り足りないなって感じたら買い増してどんどん長くもしていけます。
試してないけど、バラで持っていたほうが融通がきくのかも。管理の手間は増えますね

クローズアップレンズが連結できる構造だからなのかな?レンズキャップも取り付けられます。本体に付けたレンズからキャップを外してクローズアップに付け直す・・・とか地味にまた面倒です。専用にひとつ買っておくのもアリかな。

扱いは細心の注意を

外見は本当にただの円柱形。カバンから取り出してレンズの先に回して取り付ける、この流れが結構危ない。
本当に危ない。
どれくらい危ないかというと、ツルッと手が滑って、撮ろうと思っていたすき焼きのタレの海へレンズを落としたくらい危ない。

でもその後レンズの内側が汚れたとか曇ったとかいう問題も起きなくて、買った直後の綺麗な状態と変わりなく撮れているから、製品の作りはとても丁寧で精巧なんだなと思ったわけです。