iPhone5c、iPhone5sも盛り上がってるけど

フラットデザインの導入だ、見た目がまるごと変わるぞ!とお祭り騒ぎのiOS7が、満を持してようやく一般向けにリリースされました。
iPhone5にインストールしたiOS6.0.0を脱獄して自分好みにカスタマイズしていたボクも、新機能や新UIをいち早く体験したくなりリリースと同時にアップデートを行いました。
通常のOSアップデートであれば本体の設定アプリからサクッと更新が可能なのですが、過去に脱獄環境から新OSにアップデートした際にいくつかの不具合を抱えた経験があるため、今回は念には念をの主義で更新処理をしました。結果なにひとつ不具合無くiOS7を利用できているので、このプロセスを共有します。

ios6jb_to_7_010

まずはバックアップを取るべし

やってるようでやってないのがバックアップ。
今回のポイントは、iCloudへのバックアップではなくてPC本体へのバックアップを保存するということ。
iCloudへのバックアップでも大丈夫なのかもしれないけれど、ネット経由でデータを落としてくるよりUSBで直接データ転送したほうが断然早いはず。

作業の高速化ついでに、使っていないアプリや聴かない音楽、見ない動画、読まない本も削除しましょう。このあとの処理で端末のデータを1から入れなおすので、本体に保存するデータ量が少ないほど所要時間が短くなります。
残すデータなど準備が整ったら、iTunesにiPhoneを接続してボタンを押します。これだけでバックアップが取れます。
未検証ですがJailbreakのtweekや設定は保存されず、OS本体の設定やメールのログなどが保存されているようです。

ios6jb_to_7_011
ios6jb_to_7_012
ios6jb_to_7_013
ios6jb_to_7_015

復元用モード(DFU)を起動するべし

ちょっとドキドキするのがこのプロセス。iPhoneをDFUモードという状態で起動させます。

DFUモードで立ち上げる

1.iTunesにUSBで接続したまま、本体の電源を落とす。
2.電源ボタンを押し、そのまま電源ボタンを押し続ける。
3.画面がついたら、電源ボタンを押し続けたままホームボタンを押す。
4.10秒後、電源ボタンのみ離す。
5.iTunesが「リカバリモードのiPhoneを発見した」というポップアップが出たらホームボタンを離す
  (左記画像:1枚目)

DFUモードで起動できた場合、iTunesに表示されるiPhoneは左記画像2枚目のようになります。
「iPhoneを復元」のボタンを押すと、左記画像3枚目のポップアップが出るので、「復元とアップデート」のボタンを押します。
工場出荷時の状態に復元されるという脅し文が見えますが、工場出荷時の状態=まっさらなiPhoneにiOS7を入れた状態になったあとで、先ほどとったバックアップのデータをiPhoneに戻すので、心配はいりません。むしろ心も心機一転させてフレッシュになりましょう。

当たり前っちゃ当たり前ですが、OSの更新やバックアップの復元中はiPhoneを一切操作できません。
iTunesの操作もちょっと重たくなったり、ポップアップが出ている間は曲送りぐらいしかできなかったりと操作が限定されます。他のことして時間を潰しましょう。だいたい30分もあればアップデートは終了します。


ios6jb_to_7_003
ios6jb_to_7_005

新しいUXに出会えるのはもうすぐそこです

アップデートが終わればiPhoneは「こんにちは」と挨拶をしてくるので、ビンタのごとく画面をスライドさせて初期設定を済ませます。
基本のデータは復元されているので、新規に追加された機能周りの設定と確認が主になります。

FacetimeやGPSなどを設定したら、いよいよフラットになったホーム画面とご対面です。

この時点ではまだアプリは端末に移動できていないと思います。

同期処理が裏方で頑張っているので、徐々に使えるアプリが開放されていく感覚を楽しんで待ちましょう。

設定アプリから様々な機能を見ていけるので、まずはここから入るのがオススメです。

電話とメッセージ機能に「着信拒否」のメニューが追加されていたり、表示するフォントの大きさ・太さを変更するメニューが追加されているので必要に応じて変更しましょう。