多機能すぎてそのすべてを使いこなすのは難しい(と思われる)Photoshop。
こんな機能があればいいのに・・・と思ったら既に実装されているけれど、どうやって使うのかを知らないでいた、なんてケースもあるあるです。
ボクが最近知ったウェブ制作向けのちょっとした使い方を紹介します。

レイヤーの表示/非表示を履歴に残す

ps_history1
ps_history2

IllustratorやInDesignだとレイヤーの表示と非表示を切り替えたことが履歴(ヒストリ)に残るんですが、Photoshopは残らないので、うっかり隠したまま作業が進んでレイヤーがごちゃごちゃになったり、ある/ないを見比べるときにレイヤーパネルをクリックする必要があります。

レイヤーパネルのオプションから、
「ヒストリーオプション」を開いて、
一番下の項目「レイヤーの表示非表示の変更を取り消し可能にする」にチェックを入れる

これでヒストリにレイヤの表示非表示が記録されるようになります。
ただし、Photoshopの環境設定にあるパフォーマンスで設定した「ヒストリー数」が遡れる上限なので要注意。
この値を増やすことで確認はしやすくなりますが、数が多いとメモリを消費します。
制作の状況にあわせて適宜オプションを調整するといいかもしれません。

スライスの保存先を「images」以外にする

ps_slice1
ps_slice3
px_slice2

スライスツールでパーツを切り分けたあとに、Web用に保存ウィザードを開いて保存すると、スライスされた画像は「images」というフォルダに格納されます。
人によっては「images」という名前のフォルダは使っていなかったり、違うディレクトリに保存できれば一度移動する手間を省くことができます

ウェブ用に保存のウィザードから、スライスする画像を選択したあと、「保存」ボタン、
保存先を聞かれる画面にある「設定」のプルダウンを「その他」に、
さらに開いた画面で「画像をフォルダーに保存」の欄を変更します。
深い階層に入れるときはHTMLよろしく「/」でディレクトリをたどれます。

出力設定の画面を見れば分かる通り、命名規則をつけて連番吐き出しにしたりとかなり柔軟なカスタマイズができる模様。
必要に応じて調整してください。

Generatorでパーツを書き出す(PhotoshopCCのみ)

PsCCのみに新たに追加された機能で、各メディアでも紹介されていますがこちらでも。

ps_generator

スライスツールを使って画像を書き出すと、
・背景を透過させたいときは、背景レイヤーを消してから保存を実行
・背景付で出したい画像の時は、背景レイヤーを表示して保存を実行
・パーツ(画像)の大きさが変わるとスライス全体の調整が必要になる
といった面倒事が生じます。

とくにマウスオーバー差分も平行してつくるボタン画像では、「レイヤーグループ単位でPNGで吐き出せたら楽」と思うことも少なくありません。
それがGeneratorでは容易にできます。
方法は至極単純明快で、レイヤーまたはレイヤーグループの名前を、「書き出したいファイル名+拡張子」にするだけ。
あとはメニューから「生成」、「画像アセット」を有効にしてファイルを保存すれば、PSDファイルのあるディレクトリにフォルダが作成されて、形式に沿った名前のレイヤーをすべて出力してくれます。
現在はgif、png、jpegに対応していて、そのうちpngはpng8/png24に、jpegは1-9のレベルで圧縮率を調整できます。
設定方法はレイヤー名の拡張子のあとに、数字をつけるだけ。
2014_lcre_header.jpg8
というレイヤーグループがあれば、中身は「2014_lcre_header」という80%画質のjpegファイルとして出力されます。