一人暮らしを始めたら通勤にも、遊びにも、買物にも、いつも一緒にいてくれるパートナーとしてスポーツバイクを購入する予定だった。けれども予算が組めなくて泣く泣く断念、半年近くが過ぎたこの週末に、ついにクロスバイクを手に入れました!
ボクが歩く傍らを颯爽と走り抜けてゆく自転車に思いを馳せる日々ももはや過去のものよ。

今回買った自転車はこれ!

cross_body-bar

予算と店頭在庫でGIANTのESCAPE RX4R3もかなり魅力的で悩んでいたところを、快く相談に応じてくれたアサヒの店員さんに感謝!
最終的に、アサヒのオリジナルにしてFuji製のSPARROW 19をチョイスしました。
友人にはカラーリングについて相談して白をおすすめされてたけれど、わけあって黒と赤にしました。
(その理由はそのうちわかると思うよ!)

ママチャリ上がりのド素人のため、オプションもメンテナンスもさっぱり。
あれこれ調べつつ勉強しつつ相棒とともに地図を広げたいですね!

(※記事がレビューカテゴリですが、実際に乗って走り回った感想文です。お察しください)

cross_body1
cross_body2
cross_body3

さっそく冒険の旅にでる!

cross_river-bar

購入は土曜日の夕方。その日はまっすぐ自宅へ。

外の世界へ!

そして明けて日曜日、天気は快晴。気温は低めでも日差しが暖かい。試し乗りには絶好の機会かなと踏んで、いざ外の世界へ!
自宅から南方向に位置する、普段使わない路線の駅をひとまず目指してみようとペダルに足をかける。まだ不慣れで一瞬よろめくも、ぐっと踏み込むと、まるで引っ張られるみたいな加速。
エントリークラスのクロスバイクでこれだけ感動があるなら、きっとずっと上のロードなんかに乗った日には、それこそ翼を手に入れたような気持ちになれるんだろうな。。。
なんてぼやぼや思いながら、道は知らないエリアに進んでいきます。普段が徒歩と電車だったもんだから本当に近所の道を知らなくて、ずいぶん狭い世界に生きてたんだなってひとりで笑ってしまったり。
あっという間に大きな河と道路を何本か越えたので、さてここはどこだろうとGoogleMapを開くとびっくり。
来たかった場所をかなり通りすぎている。
わざわざ引き返して駅を見るのもつまらないので、ここは方針転換、その先しばらく行ったところにある大きな公園(葛西臨海公園)に行ってみようと決意。Twitterでロード乗りの人がその場所で写真を撮っているのを見たから、サイクルコースなんかも用意されているんじゃないかという妄想。
道も再確認していざ!

cross_river

(そして少しの時間が過ぎて)

そろそろ辿り着くんじゃないのかな・・・あれ?
ここは、どこだ・・・?
まるで、「夢」を見ているかのようだ。

cross_miracosta
cross_resort
cross_tdrhotel

せっかく来たので、チケットを持っていたら目を向けてる暇もない「外周」の景色を堪能しよう、とディズニーリゾートの周りをぐるぐる。
外から見た夢の国。やっぱり世界観の作り込みが半端じゃ無いですね。近いうちに今度は夢の国の内側も満喫しに来たいものです。とか思いながら帰路へ。
ちなみにディズニーリゾートからまっすぐに自宅を目指すと、片道40分かからないくらいでした。これは通える。

続・冒険の旅!

cross_funa

翌月曜日・祭日。

昨日よりも気温が低く風もある模様。でもせっかくのお休みが続いているので、今日も出かけなければ。食品の買物もせねば。
ということで、ディスカウントに定評のあるスーパー「OK」に行くため、都営新宿線の終点「本八幡」を目指して2日目のライディングスタート。
自転車にまたがった瞬間よく分かるお尻の痛み。サスペンションが無いぶんなのか、サドルが細いぶんなのか、局所的にかなりのダメージが溜まるんですね。
「ぐぁぁぁ」と嗚咽をあげながら河を越え道を越え・・・数分後、かなりの距離を走ったはずが180度方向転換をしていて自宅にほど近い位置まで戻ってきている謎。どうしてこうなった。

気を取り直して道を再確認、東西南北で行き先を告げるGoogleMapの音声案内はもう信用しないことにして、パッと目で見た地図を覚えてその方角を目指します。この選択がまさかあんな悲劇を生むとはつゆ知らず。。。。
結果としてまた道を間違えており、約7km無駄に東に進んでいたという。「船橋市」の看板が見えた瞬間の混乱ったらないよ。今はふなっしーに用はないんだよ!
もうスーパー寄るのやめてそのまま帰ろうか、頭のなかで天使と悪魔の対立が響き渡ります。「でもここまで来たんだよ」っていう天使の声が打ち勝ち、もう一度本八幡を目指すことを決意。私諦めない。

しばらくして西船橋駅を通過、いつだったかIKEAに行ったとき立ち寄ったような立ち寄らなかったような・・・そしてあと2駅分の距離!という実感と、線路に沿って行けば迷わず目的地につける!という安心感がおしりや足の痛みを忘れさせてくれます。もはやランナーズ・ハイ(早い)
そしてそして、長い長い旅の終わりがやって来ました。感動のスーパーマケット到着。
予定通りパンと牛乳とヨーグルトを買い、ついでにおにぎりとアセロラドリンクを買って食べて、さて、帰路です。
今度は絶対に迷わない。まっすぐ、自宅に、帰ってやる!

えぇ、迷いました。

何故か立ちはだかる河を大きく迂回、遠い橋まで2km以上を走り、遠い橋から2km以上を戻って帰ってきました。もうね、地図を見なおした瞬間ね、視界が涙で霞んだよね。
だから帰り道で知っている道に合流出来たときはほんとうに嬉しかったのです。ようやく帰れる、あと5分以内で自宅につくんだ、って。

2日間の方向音痴迷子ツアーのリザルト

総走行距離:約70km
平均速度:約16.5km/h
迷子回数:∞
RANK:E

こんなに自分が方向音痴だったなんて。やることなすことだけじゃなくて、実際の道を走るのもとなると参っちゃうね☆