愛機のカメラNEX-5Nは、フル充電でだいたい400枚強の撮影ができる。
これがカメラとして多いのか少ないのかはわからないけれど、ボクがイベントに持って出かけると、終盤は電池残量を気にしつつの撮影になることが多くて、「電池持ちはいいが、ちょっとだけ足りない」というのが率直な感想だ。
5Nの後継機であるNEX-5RNEX-5T、ワンランク上の弟機NEX-6ではUSBから給電ができるそうなので、モバイルバッテリーを併用したら一日満足に使えるのかもしれない。
が、付いていない機能を求めても解決にはならないので、予備バッテリーを持つことにした。

純正バッテリーについて調べてみると、USB充電機能の実装に伴って5Rからは充電器が同梱されなくなり、別売となった充電器は小型化とインジケータの実装というアップデートが行われていた。
何泊かする旅行に行くのなら小型化されたAC充電器は魅力的だが、同じものを複数持つのも無駄だと判断して、バッテリー単品を購入した。
(バッテリーと充電器のセットは、バラで買うより2,000ほど安い)

購入したのは、SONY純正の海外版バッテリー。
パッケージの写真を撮りそこねたが、うわさに聞く通りの「めちゃくちゃ開けにくい」プラスチックで、そこそこ頑丈なハサミで一思いに外装を「破壊」しないと製品が取り出せないヒドイ仕様だった。
鋭利なプラスチックな角で手をけがしないように十分に注意してほしい。

国内版と海外版を比較してみた

npfw50-01

npfw50-02

npfw50-03

npfw50-04

パッケージから取り出して、5Nに元からついていたバッテリーと並べてみた。

天面:

(左:国内版 右:海外版)
まず、海外版は全体的に黒い。「INFO LITHIUM」の帯すら黒いため、その文字を読むのが困難なほど。
わざわざ読む必要はないものの、国内版のグレーの帯があるデザインのほうがボクは好みだ。

裏面:

(左:国内版 右:海外版)
パッと見た印象で、やはり天面同様配色で違いを感じる。色分けがある分、国内版のほうが見やすい。
製品のラベルを見ると、製品型番はともに「NP-FW50」。
容量は1020mAhの、電圧7.2Vと、こちらも同一。
海外モデルだからといって、電気的な差は存在しないようだ。(これなら安心して使い続けられるとボクは判断した。)

側面:

(左:国内版 右:海外版)
バッテリーの接点がある面には、シリアルナンバーと思わしき文字が入ったホログラムが貼り付けられている。
この点は国内版よりも海外版のほうが優れていてカッコイイと感じた。

上記の通り見た目にはけっこうな差があるが、何より一番驚いたのは手に持った際に重さがまるで違うこと。
国内版はズッシリと「バッテリー」だという重量感があるものの、海外版は羽が生えたように軽い。
計量器がないので正確な重さは分からないが、両者の違いは目を閉じて持ったとしてもわかるほど明らかである。

海外版は実用に耐えうるのか

パッケージから取り出した直後にカメラに入れて電源を入れると、バッテリー残量は15%だった。
中途半端な電池残量なのは気にかかったが、さっそく手持ちの充電器を使って充電を行い、イベントへ予備バッテリーとして携行した。
まずは国内版バッテリーを使い、500枚目の手前辺りで残量警告が出たので、バッテリーを交換した。
その後RAWモードでビジバシと撮り続けるも、400枚を超えても電池残量が底をつくことはなかった。
また、この間に動作に不具合が出たり、本体が発熱するようなこともなく、至って正常に動作した。

つまり!

SONY α NEXシリーズ用のSONY純正品「海外版」バッテリーは、国内機種と組み合わせても正常に使える!しかもちょっと安い!うえに軽い!
といういいコトずくめの結果となった。

ただし、今回購入したこの製品には「ケース」が存在しないため、予備バッテリーとして持ち歩くには「裸」の状態になってしまうというところが懸念点として残る。
バッテリー単品で買うユーザーにとって、そのニーズは「予備」であるはずだから、ケースを同梱することが無駄になることはないはず。日本版ではないにしても、そこは気を利かせて欲しかったかなぁと。