lr

Photoshopに代表されるAdobe製品群が、最新版のCreative Cloud 2014(以外CC2014)をリリースしてしばらくが過ぎた。
以前からPhotoshopとPhotoshop Lightroom(以下Lr)の2製品を月額1,000円で利用できる「フォトグラフィプラン」に加入しているので、CC2014をインストールしてあれこれと試してきた。
また、同時期にAdobeはiPad向けとiPhone向けアプリ「Photoshop Lightroom mobile(以下Lr mobile)」をリリースしており、PC版と連携した利用ができるとのことだったので、こちらも合わせて手持ちのiPad miniへインストールして利用してきた。
この組み合わせが本当に便利で、撮影した写真の選別、RAW現像、補正、加工が手軽なものとなったので紹介する。

Adobe Photoshop Lightroomってなにさ

lr1

簡単に言うと「写真の管理と編集ができる便利なソフト」。
画像編集ソフト/イラストソフトの最高峰として名高いPhotoshopから、写真を扱う機能だけを分離して、さらに高機能に使いやすく進化させたツール、というとスゴさが分かりやすくなるかな…
このソフトで何ができるのか、どういう使い方ができるのかなどは、株式会社LIGさんがブログに書かれているのでこちらをどうぞ。
(実例で分かる!究極の写真編集ソフト「Photoshop Lightroom」の使い方)

PCとiPadの連携を使う前の準備

大前提として、最新版のLrを使うには、AdobeCCの契約が必要になる。最も安価なプランは、ボクも使っているフォトグラフィプランなので、これがオススメ。
次にLrを立ち上げて、画面左上の「パネル」からAdobeIDでサインイン。自分のアカウントが表示されればOK。
あとはiPadでも表示したい「コレクション」を作成し、「Photoshop Lightroom mobileで同期」にチェックを入れるだけだ。以降、自動的にコレクション内のデータが同期処理されていくので、数分もすればiPad側からでも表示・編集ができるようになる。
なお同期するコレクションは複数作成することができるうえ、Lr mobileからでも新規に作成が可能なので、目的に応じて振り分けて管理することができる。

モバイルだからできること!

一回撮影に出かけると、400~800枚の写真を撮ってくるものの、大半はコレじゃない感に苛まれて没になる。
この没なのか採用なのかを判別していく作業において、Lr Mobileは大活躍している。
撮影した写真をまるっと同期させたiPadをもって出かけたら、空き時間にLr mobileを立ち上げてひたすらフルイにかけていく。
Lr mobileでは、写真を上にフリックで「採用」、下にフリックで「不採用」のレーティングをつけることができ、とても手軽だ。
一覧表示画面ではフィルタリング機能を用いて、レーティングなしの画像だけを表示する設定をかけておけば、まだ分類していない写真だけが表示される。
これだけの作業でも枚数が多いとずいぶんと時間がかかってしまう。これが職場の昼休みや、休日の待ち合わせの合間とか、電車で移動中にちまちま進められるメリットは大きい。
気に入った写真はその場で調整をかけられるのも魅力で、PCでちゃんと現像する前におおまかなイメージを作っておくこともできる。
デバイスがインターネットに繋がってさえいれば補正やレーティングの情報は常に最新に同期されているので、帰宅してから続きを即座に始められる。

lrm1
lrm2
lrm3

Lrはブログ記事画像を書き出すのにも便利

すべての写真が見せられる状態になったら、あとはまとめてJPGで書き出すだけ(この作業はLr mobileではできない)
Lrでは、指定した写真を、指定したフォルダに、指定したファイル名で、指定した解像度・大きさで一括書き出しをする機能を備えている。
また、画像や文字を「透かし」として任意の場所に合成することもできるので、コピーライトや通し番号を画像内に埋め込むことも可能だ。
すべてのファイルにバッチ処理を通すことができるので、設定が定まったら晩御飯の準備をしたり、お風呂に入るなり、寝るなりしてしまえばいい。

総評

空き時間にチマチマと現像や選別を進めていけるLr mobile はすこぶる便利だ。
iPhone、iPadともに対応するユニバーサルアプリとなっているが、画面の大きいiPadシリーズで利用することをオススメしたい。
現状では色相ごとの色調整やレンズプロファイルを使った補正など、mobile版では扱えない機能も多々あるが、そういった細かな調整は自宅のPC環境で、と割り切ればなに不自由なく作業できる。
唯一早急に改善して欲しいのは、採用/拒否の振り分けで誤操作をしてしまうことが多いので、undoボタンを画面の隅に置いてもらいたいところ。