MacBook Airから始まって、iMac、MacBook Pro、Mac mini、そしてMac Pro。
すべてのアップル製のパソコンから光学ドライブが無くなって久しいですね。
HDDVD vs Blu-ray の争いが行われていたとき、AppleはたしかBlu-ray陣営についていたと思ったのですが、今では見る影もありません。
動画にしろ音楽にしろ、ネットで配信できる現代。光学メディアはなくても不便しなくなりつつあります。

とはいっても、配信で得られるものはデータというコンテンツ。
今でもヒトはアナログなメディアを欲しているようです。

今回、大阪でライブを見たあと、発作的に去年の公演の模様をもう一度見たくなったことがキッカケで、Macで使えるBlu-rayドライブの購入に踏み切りました。
購入したモデルは、Logitecの「LBD-PM6U3VBK」。
USB3.0接続に対応した、軽量薄型コンパクトボディが特徴です。

blu-ray01

blu-ray02

blu-ray03

このモデルに行き着いた要因は3つ。

1.USB3.0であること。
 USB3.0は従来のUSB2.0に比べて大容量の電力を賄うことが出来る仕様なので、ケーブルを2本接続するあの煩わしさから開放される!
もし2本ケーブルが必要になる場合、MacBook AirではUSBポートが左右に1基ずつの配置のため、イヤホンを挿した頭のようになってしまう。
取り回しの容易さという意味でも、ケーブル1本で足りるというのは譲れないポイントだった。
2.安価であること。
 購入したのはヨドバシカメラ店頭だったが、実売価格が7,000円台と同等機種よりも安価だった。
3.小さいこと。
 持ち歩くことは想定していないため、実際はまるで検討理由には含まれないが、本体が薄く小型なのはとてもいい。せっかくの薄型ノートなので、周辺機器も取り回しやすくしたいという思いが強い。

さてさて、ドライブを家に持って帰ってきていざ開封!そしてMacに接続!ケーブルを一本つなぐだけだから非常に簡単です。
そしてつないだだけで、DVDは即座に再生ができてしまうという簡単さ!この手軽さがあるからMacが好きになるんですよね。Windowsだとドライバがどうのこうので、どうしても「すぐ使える」には至らない。

しかしここで問題が。

DVDこそ再生できるものの、MacではBlu-rayディスクは再生することができないのです!
Macに内蔵されたアプリケーションの「DVDプレーヤー」はその名の通りDVDの再生をするソフトであって、ブルーレイディスクは再生できないんですね。

そこでネットの海をさまよって、いくつかの方法を発見。
1.VLCプレーヤという老舗メディアプレーヤソフトの機能を拡張する方法
2.Mac専用のBlu-rayプレイヤーソフトをインストールする(有償)
3.ディスクに収録された映像をエンコードしてローカルに保存する

1.について試してみたものの、残念ながらマジカルミライ2013のディスクでは再生不可能。この方法で再生できるのは古いディスクのみらしいです。
2.については、ちょっと購入に踏み切れていないため現在保留中。
3.の方法は法的にかなりグレー、というか解釈によってはアウトですね。試せません。

というわけで未だ高画質で嫁のライブを鑑賞することがかなわず悶々としています。
QuicktimeやiTunesにBlu-ray再生用のコンポーネントが組み込まれてくれれば一発なんですが・・・。
Appleさん、有償でもいいんで再生するためのアドオンをMac App Store等で配信してくれませんかねぇ。