愛用のデジカメ「SONY α NEX5N」を入手して、かれこれ2年と8ヶ月のお付き合いになりました。
まだまだ現役の相棒ですが、このたび新しい子をお迎えしましたよ!
(一括で買う予算はなかったので、ソニーストアの残価設定クレジットを利用しますた)

0117-ilce6000-005

現「NEX5N」の上位機種「NEX6」の後継機にあたり、記事執筆時点ではAPS-CサイズEマウントのフラッグシップモデルです!!つまりグレードアップ!ヤッタネ!
さすが上位機種だけあって、NEX5Nに無くてα6000にあるものがたくさんありますね!

0117-ilce6000-001
0117-ilce6000-003
0117-ilce6000-005
0117-ilce6000-004

以下がボクがこのボディに惚れたアドバンテージ。

  1. ビューファインダがある
  2. ホットシュー(マルチインタフェースシュー)がある
  3. コントロールダイヤルがある
  4. フラッシュ制御モードがある
  5. Wi-Fiを内蔵している

ビューファインダー

この存在が一番大きなアドバンテージ!
液晶モニタを見ながらの撮影は、明るい屋外や狭い場所での体勢に無理があってかなり難儀でした。ファインダーがあれば、その問題が解消されます!
被写体と向き合った姿勢をとれることと、撮ることに没頭できるというのも大きなメリットですね。
また、「ファインダを覗きこむ」って、いかにも撮影してるっていう風格があってカッコイイです(笑)

ホットシュー

NEX5Nの「アクセサリターミナル2」は専用のアクセサリしか利用できないという(クソ)仕様で・・・。社外品のアダプタを経由してホットシューを確保、ストロボを取り付けるなんて使い方をしていましたが、あれこれ不安要素でいっぱいでした。
α6000には、現行SONY製品の統一規格たる「マルチインタフェースシュー」が搭載されているので、ストロボやワイヤレス機器を接続できます!・・・と思って喜んでいたのですが、このシューも汎用シュー用製品との互換性がイマイチみたいで、手持ちの「YN560Ⅱ」と「RF-603C」は使えませんでした(´・ω・`)
調べたところ、NEX-5N用とは別にまた新しいアダプターを用意するか、もしくはこのシュー専用のアクセサリーを買わなければならないようです。小型で評判のいいストロボはあるけれど、お財布的にまだ手に入れられそうもないかなぁ。

コントロールダイヤル

どのメーカでも上位機種になるとダイヤルが増えるんですね!シャッター速度、絞り値、露出制御なんかを割当てて、即座に設定を調整!っていうスタイルに憧れていました。
従来機ではダイヤルが1個だけだったものが2個に増えたので、2種のパラメータを調整できるようになりました。どっちがどっちなのかまだ不慣れで混乱していますがそのうち慣れるでしょう。

フラッシュ制御モード

まだ対応ストロボを持ってないのでなんとも言えないのですがw
ハイスピードシンクロ、後幕シンクロ、スローシンクロあたりはマスターしたいなと思う次第です。
GN6と小さいながらフラッシュも内蔵されたので、スレーブを発行させるトリガーになるのも嬉しいポイントですね!(スレーブ発光モードなら汎用ストロボが利用できるから開き直っている)

Wi-Fi内蔵

ほんとにおまけ機能だとは思うのですが。これが内蔵されたのでEye-Fiカードは買わずにすみました。
撮ったデータをその場でTwitterにアップするとか、LINEで送りたいっていうときに便利ですね。
ざっと使ってみた限り、データを転送する方法は2種類あって、
・ダイレクトアップロード
 アクセスポイントに接続して、本体内に登録した外部サービスに写真をアップロードする。
 現在アップできるのは、Play memories(ソニー純正サービス)、Facebook、Flickrの3種のみ。
 Twitterが選べないのが非常に難儀。
・スマホ転送
 カメラ本体をアクセスポイントにして、スマホのWi-Fi接続先を本機に切り替える(けっこう手間)
 選択した写真をカメラロールに送れるので、あとは好き放題スマホから外部に送信できる。
どちらもイマイチしっくり来ません。
ダイレクトアップロードのほうが圧倒的に気軽に送信できるのでこっちをメインに使おうかと思います。試しにIFTTTと連携をさせることでFlickr→Twitterへ転送するレシピを組んで運用していますが、コメントを添えられないことと、最大15分のタイムラグが発生するという課題が残っています。

ボディのグレードアップでよかったこと

上述の欲しかった機能はもちろんですが、その他にも良かった点はたくさんあります!

  1. AFが早い!でもまだその恩恵にはあやかりきれてないです。
  2. 画素数が向上したのでより高精細になった!(16MP→24MP)
  3. 物理ボタンが増えたので機能割当てがしやすくなった!
  4. しかも各ボタンへの設定が柔軟になった!
  5. 画面構成が変わってわかりやすくなった!
  6. 本体サイズがちょっと大きくなって、持ちやすくなった!

逆に悪くなったと思うこと

これも無いわけではないです。次にボディを変える時期が来るまでに、このへんが改善されていると嬉しいなぁ。

  1. 電池減りが早くなった!予備バッテリーは必須アイテムです。
  2. ボディが角ばってゴツゴツした!もうちょっと丸みがあってもいいのよ・・・
  3. 本体が重たくなった!

総評

本体機能がググッと上がって、機械に「使われている」状態にならないか心配で仕方ないです。
経験、場数を踏んで使いこなせるようになればそれはそれは強力な武器になってくれるはず。
しばらくはNEX5Nといっしょに持ち歩いて、メイン・サブの関係を保とうと思います。