DSC09370_2

「Macのマウスはボタンが一個しかない」

ってよく言われてましたが、そろそろその固定概念も薄れてきたでしょうか(笑)
Windowsで使う2ボタンマウスを繋げば、ちゃんと右クリック使えます。

では、3個以上のボタンがついているマウスはどうなのか。
Logicool、BUFFALO、ELECOM、その他もろもろ、
販売されているマウスの中にはユーティリティソフトが用意されているものがあって、そこから設定を組むことができるようになっています。
こうした製品はパッケージに「Mac対応」などと印字がされています。

ただ、対応するMac OSのバージョンの範囲が狭く、新しいOSでは動かない、いくつか組めない設定がある、などどうも万全ではないように感じます。
実際のところボクの使っているELECOMのマウス「M-XG2UBSV」もユーティリティの使い勝手がイマイチ良くなく、割り当てたい機能が使えないなど不満をつのらせています。
どちらかと言うと設定を組むことで普段使いに支障をきたすことも出てきたので、ソフトはアンインストール、
せっかくあるサイドボタン2個はただの飾りになっていました。

あまりに不便なので別のマウスを買い直そうかと思っていたのですが、とあるアプリを利用することで快適さを取り戻したのでご紹介します。

「Better Touch Tool」

Macのトラックパッドにジェスチャー機能を割り当てるソフトウェアです。
4本指タップ、5本指タップ、人差し指で抑えながら中指でクリックなどなど、多彩な機能で使い勝手が抜群に良くなります。
てっきりトラックパッド専用のツールなのかと思っていたら、このアプリ、その他のマウスにも設定を組めることが判明!

Better tour tool公式サイトはこちら

001
002

BetterTouchToolをインストールしたら、
上部のタブから「Normal Mice」を選択、
左カラムから対象となる範囲を選び、
右カラムに設定を組んでいく流れになります。

今回組んだ設定は、
・マウスにもともとあったはずの「ブラウザの戻るボタン」機能の割り当て
・あると便利すぎる「Mission Control」機能の割り当て
上記の2つ。

ひとつ目の「戻るボタン」は、マウスのサイドボタン、指先側にセット。
戻る機能はブラウザ固有になってしまうので、ここでは「3本指で左にスワイプ」したときの動作として登録。

ふたつ目の「Mission Control」は、マウスのサイドボタン手首側にセット。

慣れないうちはたどたどしい動きになりがちでも、自分にとって最適の設定が組めると作業効率がぐんと上がりますよ!
もちろんPhotoshop,Illustrator,Word,Excelにも設定は組めるので、ctrl + z (command + z)を当てるなど、自分にとっての最適解を見つけてくださいな!